2022年7月中旬にエアアジアで成田からタイ・バンコクに行きました!エアアジアは格安LCCとして有名で、セール時期では片道1人1.5万くらいで行けます。ただ、コロナの影響で経営破綻や直前のキャンセルなどで心配していましたが、無事飛びました。今回はエアアジアのチェックインや搭乗、機内食、座席などのご紹介をします。


この記事はこんな人におすすめ!

*激安LCCのエアアジアが気になる
*機内食や座席などの搭乗記が知りたい

※新型コロナウイルスの影響により、情報が異なる場合があります。最新情報については各施設のHPをご確認ください。

激安LCCのエアアジアとは?

エアアジアは東南アジアを代表する格安航空。バンコク片道が約1.5万円~と非常に安いのが魅力!ただし、安い分にはデメリットもあります。座席指定や機内食、荷物は追加で料金がかかります。座席も狭く快適ではないです(正直)

また、コロナの影響で経営破産もしました(NEWSより)。さらにキャンセル料金が全く返ってこず、バウチャーで返ってきたなどの問題も。そして運航再開も当初は6月の予定でしたが、7月に延期。週4運航の予定も週2にしれっと減便など、デメリットは多いです。

でも安さが魅力なのと、予約時にパスポート番号がいらない(入力はしないといけないが変更可能)なのが良くて、今回利用しました。(本当はZIPAIRが良かったんですけどね、パスポート必須だったんですよね。わたし苗字が変わった関係で、新しいパスポート持っていなかったんですよね。その前に燃油サーチャージ料が爆上がりすることになったんでね、エアアジアにしました。)

今回は2022年7月にエアアジアを利用して、成田からバンコクへ行きましたので、実際にレポします。検討している方はぜひ参考にしてみてください。結構本音でボロクソ書いてます。

1. エアアジア予約方法

パスポート番号は変更できる

予約はサイトやアプリでさくっとできます。先ほども書きましたが、パスポート番号は変更可能です。苗字が変わる方や有効期限が足りない(タイは有効期限6か月以上必要)な場合でも、予約はできます。わたしの経験上、他の航空会社やツアーでは変更できないことが多いです。そこはGOODポイント!

追加料金:荷物は必須

片道1.5万円の中には荷物や座席指定、機内食などは含まれていません。必要な場合はオプションで追加しましょう!

荷物は20キロからあり、わたしは毎回20キロを1名分につけています。料金は約4,300円。ちなみに手荷物は7キロまで無料です。

なぜかMYRレート

座席は指定しないとランダムで割り当てられます。ひとり利用の場合なら指定しなくても良いと思いますが、一緒に行く人と隣が良い場合は指定するのをおすすめします。通常席への指定は約2,000円、足がのばせる前席のホットシートは約6,700円です。その他クワイエットシートもありますが、めっちゃくちゃ静かだと思ったことはないので割愛します。わたしはいつも通常席の指定を選択。ただ今回は行きが混雑、帰りがガラガラで席も使い放題でした。ガラガラだと、指定の意味がなかったので結局運によりますよね。

続いて機内食。機内食は事前予約がお得です。種類は5種ありました。一番安いので約630円。機内を見てても注文している人はあまり見かけません。個人的には600円あるんだったら、コンビニのおにぎり5個の方が良いと思います。機内食は事前予約が必須ですが、ラーメンやドリンクなどは機内で注文できます。

注意事項:突然のキャンセルあり

予約時の注意としては、急なキャンセルに備えること。エアアジアは飛ぶまで信用してはいけません。ホテルの予約などはキャンセル料にご注意ください。100%飛ぶと思わないくらいが、心のダメージが少なくすみます。

2. エアアジアは成田第2ターミナルでチェックイン

エアアジアは成田空港の第2ターミナル、隔離された場所(N)にあります。混雑することが多いので時間に余裕をもって、2時間前に行くことをおすすめします。1時間前だと、締め切ってて乗れないことも。。

チェックインではパスポートとワクチン接種証明書の提示が必要でした。接種証明はすぐ出せる状態だとスムーズです。

3. 搭乗ゲートへ移動

出発は朝9時15分でしたが、1時間遅れました。いつものことです。飛ぶまで油断してはいけないのがエアアジアです。搭乗ゲートの近くには自販機のみがありました。水を2~3本購入しておくと安心!

4. エアアジアに搭乗

無事に搭乗できました!航空機は新しくて綺麗でした。(珍しく機内について褒める)

ただシートはかちかち、足元は狭いので、ネックピローやクッション、メディキュットがあると良いです。

なにより注意してほしいのが、機内はめちゃくちゃ寒い!クーラーガンガンで冷え死にするかと思いました。これは温かいコーヒーやラーメンを買わせる作戦か?と思いながら、必死に耐えたのでブランケットは持っていきましょう。そういえばドンムアン空港も極寒で体調崩していました…

あとかなり乾燥しているので、のどぬーる ぬれマスクは必須アイテムですね。

お客さんが多いとトイレも混雑します。漏れる前に備えましょう。あとトイレットペーパーがなくなっていたので、ティッシュあると良いかもです。

5. 約6時間でスワンナプーム空港に到着

前はドンムアン空港でしたが、今は変わってスワンナプーム空港につきます。飛行機から降りたらすぐにワクチン接種証明書の提示が求められたので事前に準備しておくと良いです。

また現在、タイの出入国カードは廃止されたので、配られないです。入国審査で航空チケットは必須なので失くさないようにしましょう!

タイの入国については、こちらの記事に記載しました。実際に体験した入国の流れを書いたので参考にしてください!

格安LCC、エアアジアを利用してみよう!

めちゃくちゃおすすめか?と言われたら、デメリットも多いのであまりおすすめはできないのですが、とにかく料金を安くしたい方にとってはぴったりな航空会社だと思います。運が良くて、ガラガラだと普通に快適です。ぜひ検討してみてくださいね。