バンコク女子旅で人気のある日帰りフォトジェニック旅をご紹介!バンコク市内から約2時間半のチュンサオ県にある「ワット・サマーン ラッタナーラーム」です。
高速で願いを叶えるピンクのガネーシャは地元の人もよく訪れる人気スポット。ご利益があるお寺に加えて、カラフルで可愛らしい見た目からインスタ映えもするため、女子におすすめのスポットです。
今回は、ツアーを使わずに個人で行く方法やお寺の楽しみ方をご紹介します!

こんな人におすすめ

*バンコクで日帰り旅行をしたい
*フォトジェニックな場所にいきたい
*ご利益をいただきたい

「ワット・サマーン ラッタナーラーム」への行き方

バンコク市内から約2時間半で行けます。
BTSエカマイ駅の近くにある「エカマイバスステーション」からは乗り換え1回で行けました!

①エカマイバスステーション

バンコクのBTSエカマイ駅にあるバスステーションからミニバスでいけます。
チケット販売所はピンクガネーシャの写真がおいてある場所で、スタッフさんにピンクガネーシャの写真を見せたら案内してくれました!(写真は保存しておくと安心です!)


時間は約2時間で値段は1人99THB(約300円)。
ミニバスは30分おきに出ているので、焦らなくて大丈夫です。

②チュンサオバスターミナル

バスターミナルに到着したら、ソンテウという乗り合いタクシーに乗り換えします!
「え、どこ?」という感じで迷子になりましたが、現地の人にピンクガネーシャの写真を見せたら連れていってくれました!

このようにピンクガネーシャのシールや看板があれば、間違いないでしょう!
出発時間は決まっていなく、人が集まったら出発です!料金は30THB(約100円)でした。

③ワット・サマーン ラッタナーラーム

約30分で到着します。道中は何もない道を走り続けるのでちょっと不安になりましたが、所々に看板を見つけられたので安心。

ソンテウは窓がないので、排気ガス対策にタオルなどは持って行ったほうが良いです。

ソンテウの乗り合い場はこのドラえもんの場所になります!(ジャイアンも左にいます)
帰る時もここからソンテウに乗らないといけないので、覚えておいてくださいね!

また帰りは時刻が決まっています
ソンテウを乗り過ごしたら大変なことになってしまうので、帰り方もチェックしておいてください。

バンコクへの帰り方

先ほどのドラえもんの集合場所に時刻表が書いてある看板があります。

こちらは2017年訪問時のものなので、変わっている可能性もあります。
帰る時間はしっかり決めてくださいね!

チュンサオバスターミナル

ミニバスでバンコクに帰ります。

BTSエカマイ駅やモーチット駅、スワンナプーム空港など色々行くことができます。
バス亭はタイ語しか伝わらず不安になりましたが、BTSといえばOKです!

個人だと不安な方には「往復バス」がおすすめ!

とは言っても、言葉もほとんど通じないので不安ですよね。そんな方にはこちらの直通バスチケットがおすすめです。

日系会社のパンダバスが運行しているので安心!
片道時間も2時間半ではなく、1時間半と早く行けます。

>>詳しくはこちらからチェックしてくださいね!

「ワット・サマーンラッタナーラーム」の楽しみ方

①ピンクのガネーシャに祈願しよう!

奥のほうに進むと、高速で願いを叶えてくれるピンクのガネーシャを発見!
想像以上に大きく圧倒されますが、ピンク色でおしゃれなアクセサリーをつけてて可愛い。フォトジェニックすぎる‼

お願いの仕方は、ピンクのガネーシャに直接するのではなく、
ガネーシャの前にいる2体のネズミにお願いをします。

左耳を抑えて、右耳からひそひそ話をするように祈願
具体的に細かくお願いをしたほうが良いそうで、中でも金運にご利益があるそうです◎

ちなみに私は「結婚祈願」をしました。結構ハードルが高いお願いでしたが、なんとその年にプロポーズされたんです。この高速で願いが叶うというのは本物だと信じています!

②自分の誕生日と同じ曜日の色をしたネズミに祈願しよう!

ガネーシャのまわりには、7色のネズミがいます。
この色は曜日ごとに分かれており、生まれた曜日の色をしたネズミに祈願しましょう。

月曜日:黄
火曜日:ピンク
水曜日:緑
木曜日:オレンジ
金曜日:青
土曜日:紫
日曜日:赤

わたしは青色のネズミなのでお願いをしました♡

こちらのネズミにも片耳にひそひそ話をするように祈願すると良いといわれていますが、結構な高身長で届きませんでした。。(わたしは160cmです)

③日本の有名キャラクターがいっぱい⁉

ソンテウの乗り合い場にいたドラえもんもそうですが、
境内には日本のキャラクターがたくさんいます!

謎の組み合わせだったり、

ちょっと顔が違う昔懐かしいキャラクターだったり、

あの人気ヒーローまで!

中には色が変わってしまったキャラクターもいます。(なぜこうなった…)

④B級スポット感を楽しもう!

先ほどの日本のキャラクターで十分B級感が伝わったと思うのですが、こんなものじゃ終わらない。まだまだ突っ込みどころが満載なんです…!(さすが微笑みの国、タイ!)

サングラスをかけた一休さんたちもいます。

参拝するところには白衣を着たのび太くんもいます。

お寺の近くを流れるバーンパコン川には、巨大な蓮のオブジェがあり
なぜか入り口にドラえもん

こんなユーモア溢れるお寺ですが、


体の悪いところを治すご利益がある金色のガネーシャ像や小銭をいれてお願いできるタンブンなどもあります。そちらもぜひまわってみてください!

⑤川に浮かぶお店でランチ

境内に食べ歩きできる屋台フードコートもあります。


今回はお客さんもたくさん入っていた、川に浮かぶお店に入りました。
(タイでお店を選ぶ時はお客さんの入り具合で決めています)

今にも川に落ちそうな場所でランチタイム。

メニューは全部タイ語で読めない( ^ω^)
どのレストランにも絶対あるであろうメニューを注文しました↓

コームーヤーン(豚トロ炒め)やソムタム(パパイヤサラダ)、カオスアイ(白いごはん)

1皿50THBくらいと激安!2人で200THBくらいでした!(約600円)

タイ語しか伝わらない不安や衛生面が気になる方もいると思うので、
写真や英語表記があるお店が良いでしょう。

「ワット・サマーン ラッタナーラーム」はバンコク日帰り旅におすすめ!

滞在時間は3時間ほど、たっぷり遊べるスポットでした♪

ぜひバンコクからの日帰りで行ってみてくださいね。

-基本情報- 
名称  :ワット・サマーン・ラッタナーラーム(Wat Saman Rattanaram) 
URL   :https://www.facebook.com/WatSaman2556/
住所  :Moo 2, Tambom Bang Kaeo, Amphoe Muang Chachoengsao, Chachoengsao